ペットフリーク[DOG]のロゴ

犬のおもちゃの種類と選び方 飼い主も一緒に楽しもう!
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

犬のおもちゃの種類と選び方 飼い主も一緒に楽しもう!
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. 話題
  3. 犬のおもちゃの種類と選び方 飼い主も一緒に楽しもう!

犬のおもちゃの種類と選び方 飼い主も一緒に楽しもう!

犬のおもちゃの種類と選び方 飼い主も一緒に楽しもう!

犬用のさまざまなグッズ、おもちゃがありますが、むやみに与えればいいというわけではありません。その種類や、目的別の選び方を学んでおきましょう。

犬にとって飼い主と過ごす時間は何よりも楽しく、大切なものです。
その時間をより楽しく演出してくれるのが犬専用のおもちゃです。
猫もそうですが、犬たちはもともと狩りをして暮らしていたというルーツがあり、その本能を満たさないとストレスがたまることも。
おもちゃはそんな本能的な欲求も健全に満たしてくれるのです。

まず最初に理解しよう!犬にとっての「おもちゃ」とは

犬の精神衛生管理として、「毎日の散歩さえしっかりさせてあげれば、大丈夫でしょ?」こんなふうにお考えではないでしょうか?
実はお散歩だけではなく、おもちゃを使って遊ぶことも大切なのです。
犬はもともと、狩りをサポートするための家族の一員として、人間と暮らすようになりました。狩りが必要なくなった現代でも、犬のDNAには狩猟本能が残っていて、それを満たしてあげないと有り余るエネルギーを発散できず、無駄吠えや噛み付きなどの問題行動の原因になることもあるのです。
そこで、エネルギーを楽しく安全に発散させ、なおかつ飼い主とのコミュニケーションもしっかりとることができる「おもちゃ」を上手に活用する必要性が出てくるのです。

犬

遊びの定番!ボールを使って「取ってこい!」

犬のおもちゃやグッズと聞いて、真っ先にボールを想像する方も多いのではないでしょうか。
ボールを投げたり転がしたりして犬に追いかけさせれば、動くものを追いかける狩猟本能を満たしてあげることができます。
この遊びに使うボールのおもちゃには、大小様々なサイズがあります。
テニスボール大のものや、サッカーボールのようなデザイン大きめで柔らかい素材のボール、くわえやすいように取っ手が付いたものもあります。
そして遊ぶ際には、「取ってこい!」と命令して、取ってきたらほめてあげるという行為を繰り返し行います。
こうして主従関係を明確にするとともに、「この人のいうことを聞けばうれしいことが待っている」と犬に認識させ、絆を深めることができるのです。

犬

温かみある風合いがかわいい!ボアトイ

ボアトイとは、ぬいぐるみのことです。 ねずみなど他の動物を模したもの、骨の形をしたもの、ケーキなど食べ物の形をしたものが多く見られます。
中に笛が入っていて、噛んだり足で押さえたりすると「ピー」と音が鳴るものもあります。
おもちゃとして放り投げたり噛んで遊んだりするほかにも、人間の子どもがするように抱っこして一緒に寝る犬もいて、その姿はとてもかわいらしいものです。

犬

知育にも効果的!ラテックスやラバーのおもちゃ

ラテックスやラバー(ゴム)の素材でできたおもちゃは、投げて追いかけるほかにも、ガジガジと思い切り噛んで遊ぶこともできます。
自分で投げて遊べるので、犬だけで遊べるおもちゃです。
まん丸なボール型以外にも、ラグビーボールのような形で不規則な動きをするもの、ボールからたくさんの突起が出ているもの、キャラクターなどのかわいらしい姿をしたものなど、様々な形状があります。
真ん中に空洞があり、ドライフードやペースト状のおやつを入れることができるものもあります。
少しずつ中身がこぼれるので夢中で遊び、どうしたら出てくるか考えるので知育玩具にもなります。

犬

飼い主も一緒に挑戦!パズルタイプの知育玩具

飼い主と一緒に遊べる、パズルのような知育おもちゃもあります。
お皿の上におやつをセットして小さなふたをかぶせ、「ふたを外すとおやつが出る」しくみのもの。
または何枚もお皿が層になって重なっていて、「スライドすると中にセットされたおやつが出る」しくみのもの。
ボールの中が迷路のように入り組んでいて「色々な方向に転がすと中からおやつがこぼれる」しくみのものなどタイプはさまざま。
共通しているのは試行錯誤することでおやつがもらえるようになっているということです。
飼い主は様子を見守り、状況に応じて指示を与える必要があるので、飼い主との絆と知力を同時に高めることができるおもちゃです。

犬

飼い主も一緒に挑戦!パズルタイプの知育玩具

ロープトイとは、縄でできたおもちゃのことです。 骨のような形にロープを整形したものや、ポールやぬいぐるみと組み合わせているものなどがあります。
ロープトイを噛むと繊維が歯の間に入り込むので、糸ようじのように遊びと歯磨きを同時に行うことができます。
少し長めのものを選べば、飼い主さんと犬とでひっぱりっこを楽しめますよ。
レトリバーなど狩猟本能が強い犬種には運動やストレス解消にもなる遊びですが、注意点がひとつ。
それは、興奮させすぎないことです。
夢中になりすぎると犬がそのおもちゃに執着してしまい、ひどい場合は飼い主がそれに触っただけで怒ることもあります。
興奮してきたと思ったらいったん遊ぶのをやめ、落ち着くまで待ち、犬が自分からおもちゃを離すのを待ちましょう。

犬

歯固めにおすすめ!ウッドトイや樹脂系おもちゃ

木でできたウッドトイは、固い素材をガジガジと噛んで遊ばせることでストレスを解消しようとするものです。
木の枝の皮をはいで乾燥させたもの、骨型などに整形したもの、ボールのような形をしたものなどがあります。
木のほかにも、樹脂でできた歯固め用のおもちゃがあります。
木に比べて歯ざわりがソフトで、カラフルで目に止まりやすい商品が多くそろいます。
「これは噛んで遊んでいいおもちゃ」だと認識させることで、イスなどの家具やケージなどを噛んで破壊することを防ぐことができます。
特に永久歯への生え変わりの時期は、歯がむずがゆくなって色々なものをかじる犬も多いので、子犬のうちから歯固め用のおもちゃに慣れさせてあげるとよいでしょう。

犬

楽しく安全に遊ぶために!おもちゃ選びのポイント

最後に、おもちゃを選ぶ際はサイズが重要です。
小型犬に大型犬用を与えると、大き過ぎて上手に遊べなかったり、固すぎて歯を痛めたりすることがあります。
逆に大型犬に小型犬用のおもちゃを与えると、小さすぎて誤飲してしまったり、強度が弱くてすぐに壊してしまうこともあります。
多くのおもちゃには適合体重などが設定されているので、表示を確認するとよいでしょう。
また、犬の性格にあったおもちゃを選んであげることも大切です。
走り回るのが好きな子もいれば、座ってガジガジするのが好きな子もいます。
好みのおもちゃに出会えれば、きっとその子の毎日がもっと楽しいものになるはずです。
我が子の嬉しそうな顔を想像しながら、おもちゃを選んでみてくださいね!

犬
  • この記事をシェアする
ライターPet Freak 編集部