ペットフリーク[DOG]のロゴ

犬と一緒にグランピングを楽しもう
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

犬と一緒にグランピングを楽しもう
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. 話題
  3. 犬と一緒にグランピングを楽しもう

犬と一緒にグランピングを楽しもう

犬と一緒にグランピングを楽しもう

犬と一緒に贅沢にアウトドアしたい! そんな飼い主さんにぴったりのグランピング。犬同伴OKなところを3つご紹介します。

今話題の「グランピング」。
アウトドア好きの人々の間ではすでに浸透しており、さまざまな形で楽しまれています。
でも、「グランピングって何?」と思った方もいるでしょう。
まだまだ普及途中のグランピング。
しかも、犬と一緒にグランピングができる施設もあるんですよ。
そこで今回は、いまさら聞けないグランピングの意味と共に、犬同伴OKなグランピングスポットを3つご紹介します!

■グランピングって何?

グランピングとは、グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を組み合わせた造語。
自然環境の中、豪華でホテル並みの快適なサービスが受けられる新しいキャンプの形です。
従来のキャンプのように自分でテントを張ったり、キャンプ道具や食材を用意したりする必要もなく、手軽にアウトドアが楽しめるのも特徴です。
いってみれば、“いいとこどり”の自然体験といえます。

グランピングという言葉が生まれたのは英国だといわれており、欧米に浸透していきました。
とはいえ、カナダやアフリカの富裕層向け高級アウトドアリゾートの存在は以前からあり、それらもグランピングといわれています。

日本では、2015年の秋頃に、大手リゾートホテルチェーンがグランピングの名をつけた施設を開業し、「グランピング」のキーワードが広がってブームが巻き起こりました。

そして愛犬家たちの間でも、これまでのキャンプ同様に愛犬たちをグランピングに連れて行く流れが生まれ、現在では犬同伴OKのグランピング施設は数多くあります。

■犬と一緒にグランピングを楽しめる場所3選

では具体的に犬と一緒にグランピングが楽しめる場所を3つご紹介します。

1.THE CHIKURA UMI BASE CAMP

株式会社 PR TIMES 様 公式サイト バンズシティ株式会社 様 公式サイト THE CHIKURA UMI BASE CAMPは、千葉県南房総市千倉町にあり、目の前は南房総の海がいっぱいに広がる場所にあるグランピングリゾート。

例えば1棟1組限定の貸切スタイルの施設で、思う存分、愛犬とグランピングが楽しめます。
充実のキッチン機器完備なので、BBQはもちろん、上級アウトドア料理にも挑戦可能。

ゲージのレンタルやペットシートの用意もあって、手ぶらでも良いくらいの、グランピングならではの気軽さがあります。

株式会社 PR TIMES 様

参照:株式会社 PR TIMES 様 公式サイト

2.Glamping in CAMEL RESORT

株式会社スペースキー 様 Glamping in CAMEL RESORT予約ページ 千葉県夷隅郡御宿町にあるこの「Glamping in CAMEL RESORT」は、自然の中でグラマラスなテントを張るグランピングが、プランによっては犬同伴で楽しめます。
テント内には、カーペットやカフェテーブル、トレイテーブルやクッションなど、オシャレでグランピング気分を盛り上げてくれるアイテムがいっぱい!
敷地内はフェンスで囲われており、リードをつけずに愛犬を遊ばせてあげられるのは嬉しいところです。

株式会社スペースキー 様 Glamping in CAMEL RESORT予約ページ

参照:株式会社スペースキー 様 Glamping in CAMEL RESORT予約ページ

3.エンゼルフォレスト那須白河

エンゼルフォレスト那須白河 様 公式サイト 福島県天栄村にあるこの「エンゼルフォレスト那須白河」は、ペットと泊まれる高原リゾート。
ドッグランやテントサイトのほか、愛犬も同伴可能なドッグフリーサイト「ドッグフリーグランピングサイト」もあります。

ドッグフリーグランピングサイトの広さは約270平米で、ゆったり広々。
さらにテントの中にはモダンな家具が配置され、グランピングならではの作りになっています。

また区画ごとにフェンスで囲まれているため、ノーリードでOK。
のびのびと自由に過ごせます。

エンゼルフォレスト那須白河 様 公式サイト

参照:エンゼルフォレスト那須白河 様 公式サイト

まとめ

これから夏に向けての季節、クランピングはキャンプ未体験でグッツ等の用意がなくても気軽にキャンプ気分が楽しめます。
ぜひトレンドに乗りながら、グランピングの魅力を愛犬と一緒に存分に感じてみるのもいいのではないでしょうか。

犬
  • この記事をシェアする
ライター高科 えり