ペットフリーク[DOG]のロゴ

日本最大級のペットイベント「第9回インターペット」に今年も行ってきました!:後編
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

日本最大級のペットイベント「第9回インターペット」に今年も行ってきました!:後編
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. 話題
  3. 日本最大級のペットイベント「第9回インターペット」に今年も行ってきました!:後編

日本最大級のペットイベント「第9回インターペット」に今年も行ってきました!:後編

日本最大級のペットイベント「第9回インターペット」に今年も行ってきました!:後編

2019年3月28日(木)から31日(日)の4日間、東京ビッグサイトで「インターペット 人とペットの豊かな暮らしフェア」が開催されました。犬や猫の世界でも高齢化が進んでいるためでしょうか。ヘルスケアに関するブースの前で足を止める飼い主さんの姿が多くみられました。

獣医師がペットの健康をアドバイス

会場内を歩いていると、白衣を着た獣医師がいるブースを見つけました。
今回がインターペットへの初めての出展となるTeam HOPEのブースです。
Team HOPEは全国の獣医師が一丸となって、ペットの予防医療と健康管理の普及と啓発活動を推進し、ペットにやさしい社会の実現を目指すプロジェクトです。
現在およそ1400の施設がこのプロジェクトに参加しています。

ブースに来た飼い主さんは、まず「Team HOPEウェルネスチェックシート」で愛犬や愛猫の健康セルフチェックをします。
飼い主さん自身の目を通してペットの健康状態をチェックすることで、ペットの健康維持にはどのような項目を日々確認すれば良いのかを知ることができ、異変にいち早く気づくことができるようになるのだと言います。

セルフチェックが終わると、いよいよ健康相談です。
飼い主さんは、Team HOPEが作成した「見まもり手帳」に描かれた骨、歯、内臓などのイラストを見ながら分かりやすく健康維持・改善のためのアドバイスを受けていました。
「普段気になっていても、なかなか尋ねる機会のなかったペットの健康に関する疑問を解決できた」と飼い主さんたちがみなさん嬉しそうな、ほっとしたような表情をしていたのが印象的でした。

獣医師

自宅にいながらワンちゃん、猫ちゃんの運動不足を解消

まるでハムスターの回し車のような器具の前に人だかりができていました。
ペット専用ランニングマシーン「PET RING」を展示している株式会社永興のブースです。

体験したのは、前編にも登場してくれたフクちゃん(3歳)です。
フクちゃんが乗ったのはレーザーつきのマシーン。
赤いレーザーが車輪の壁面に映し出され、それを追いかけようとすると車輪が回り運動ができるという仕組みになっています。

初めはおそるおそるといった様子のフクちゃんでしたが、慣れてくるとしっかりした足取りで楽しそうにランニングをしていました。

現在このPET RINGの使用が想定されているのは体重およそ13kgまでのペットだそう。
運動量の確保が大変な大型犬用のランニングマシーンも発売されると良いですね。

フクちゃん

旅行先でペットと一緒にエクササイズ

レジーナリゾートのブースでは、施設で行われているワンちゃん向けのフィットネスを体験できるとのことで、多くの飼い主さんとワンちゃんで行列ができていました。
ここで使われているのは動物用のバランスボールです。
かじったり舐めたりしても安全な素材で作られています。
万が一爪などで穴が開いたとしても急にボールが爆発するようなことはなく、少しずつ空気が抜けてしぼんでいくようになっており、安全面が配慮されています。

バランスボールに乗っているときの姿勢で、鍛えられる筋肉が異なるとトレーナーさんが教えてくれました。
「お座りのときにはお尻の臀筋、立っているときには全身の体幹が鍛えられる」そうです。
自宅に人間用のバランスボールがある場合は、しっかりと補助をしたうえで一緒にエクササイズを楽しむこともできるとアドバイスをしてくれました。
1回の運動の目安は20分くらいがおすすめだそうです。

レジーナリゾートのブース

猫用自動トイレでいつも猫砂を清潔に

猫ちゃんのトイレのお世話がぐっと楽になりそうです。
「CIRCLE 0」という猫用自動トイレが誕生しました。

この球型の小屋のようなものが自動トイレです。
どのような仕組みでトイレを自動的に掃除できるのかを見せてもらいました。

丸く空いた出入り口にセンサーが設置されていて、猫が出入りすると感知するようになっています。
掃除が始まるのは猫がトイレから出て7分後。スコップが回転して排泄物を漉しとります。
なぜ排泄から7分なのかというと、7分ほどが猫砂のかたまり方が掃除に適しているのだそうです。

スコップが動いているときに万が一猫がトイレに入ってきた場合にはセンサーで感知して掃除が止まります。
猫ちゃんがケガをしたりしないよう、しっかり安全面も確保された設計になっているのですね。

漉しとった排泄物はトイレの後ろ側についたバケツに入ります。
このバケツはもちろん、トイレの内部は水洗いできるので衛生面も保つことができます。

猫ちゃんのトイレ

猫用だけではありません。
犬用の自動トイレもありました。
株式会社ジャパン・ファーストステップの愛犬用全自動トイレ「Wan wan meister(わんわんマイスター)」です。
こちらは専用シーツを自動的に巻き上げることで清潔を保つ仕組みになっています。

これで長時間家を空ける際のペットたちのトイレの心配を少し減らすことができそうですね。

ペットとの豊かな暮らしに役立つ情報やアイテムが盛りだくさんで、人も動物も楽しく過ごせる「インターペット」でした。

犬用の自動トイレ
  • この記事をシェアする
ライター高垣 育