ペットフリーク[DOG]のロゴ

犬が快適な庭づくりのアイデア
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

犬が快適な庭づくりのアイデア
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. 話題
  3. 犬が快適な庭づくりのアイデア

犬が快適な庭づくりのアイデア

犬が快適な庭づくりのアイデア

犬と庭は切っても切れない関係。愛犬にとって快適な庭環境とはどのようなものなのでしょう。もし今の庭に満足していないのなら、この機会に庭づくりのアイデアをみていきましょう。

犬にとって過ごしやすい自宅環境とはどんなものなのかを、いつも考えている飼い主さんは多いのではないでしょうか。 愛犬が楽しく快適に過ごすことができるという観点と共に、飼い主さんにとっての利便性の観点の両方が叶う環境づくりは、なかなかむずかしいものです。 その中でも、自宅の庭がもっと愛犬に便利に使えたら、と思っている場合、さまざまな工夫の仕方があります。 そこで今回は、犬が快適な庭づくりのアイデアをご紹介します。

■犬にとって庭は活用用途の多い場所!

「庭」と一口に言っても、自宅によってさまざまな形態があるでしょう。 犬が駆け回ることができる広い庭がある家から、ちょっとしたベランダのような小さな庭があるという家まで、さまざまです。 そんな庭は、大小ともに愛犬にとって次のように活用用途は多くあります。

庭

●室内飼いの運動スペースとして

ま室内飼いをしていると、愛犬を外で運動をさせてあげたいと思うことも多いのではないでしょうか。 そんなときに便利なのが、運動スペースとしてのドックランにしてしまう庭用途です。 天気の良い日だけ開放してあげて、思う存分、外で遊びまわらせてあげることができます。

ドックラン

●日向ぼっこスペース

小さなスペースであっても、愛犬向けに活用することが可能です。 ちょっとした日向ぼっこスペースとして確保すれば、愛犬も、日向ぼっこをしながらお昼寝なんていう感じに快適に過ごすことができるでしょう。

日向ぼっこ

■犬が快適に過ごせる庭づくりのアイデア

これらのさまざまな用途のある庭ですが、具体的にどんな風に作ることができるのか、愛犬向けのアイデアをご紹介します。

●庭にドックランを作る場合に必要な設備を整える

庭をドッグランにする場合、柵またはフェンス、愛犬用の出入り口、リードをつないでおくポールのようなもの、トイレ、水洗い場などを設置するのが一般的です。 また、ウッドチップやバークチップを下に敷き詰めて、犬の足や肉球への負担を軽減するのも良いでしょう。 これらの設備をしっかりと整えることで、愛犬が快適に庭で過ごすことができます。

ドックラン

●ウッドデッキ

それほどスペースが取れない場合も、ウッドデッキにするなどして、愛犬の運動スペースにするというのも一つのアイデアです。 段差をなくして屋内から行き来しやすいようにすれば、愛犬も安全かつ快適に利用できます。 日中には日向ぼっこもできますし、土や草の生えていた庭で泥んこになってしまうのが気になるという場合にも、ウッドデッキであれば愛犬が汚れずに済みます。 ここでも柱やポールにリードをつなぐ部分を作っておくことで、安心して使用できます。

ウッドデッキ

●人工芝

ウッドデッキの他に、人工芝にする方法もあります。人口であれば、草が抜けてしまうこともなく、泥んこにもなりません。 何より、本物の芝のように、愛犬にとって「外」で遊べるスペースになるでしょう。

人工芝

●日よけシェード

暑い日はちょっと日陰に入りたい。そんな時に役立つのが日よけシェードです。 ウッドデッキの庭によく設置されているのを見かけますが、お天気のいい日に日陰のひんやりした場所も愛犬のお気に入りスポットになるかもしれません。

フード

●タイルテラス

小さなスペースの庭でも、目隠しフェンスを立てて、タイルテラスを敷き詰めれば、室内飼いの小型犬も遊ぶスペースに早変わり。 立水栓を設置することで足洗いをしたり、タイルテラスを洗ったりすることができます。 万が一のときのために、清潔さを保てる設備を整えておくのもポイントです。 また、愛犬の負担を減らすために、段差を極力少なくすることもよく行われています。

タイルテラス

まとめ

自宅の庭は、愛犬がアクティブかつ快適に過ごすことができる格好の場所です。 ぜひさまざまな工夫をして愛犬が喜ぶ庭づくりを行ってみてはいかがでしょうか。

犬
  • この記事をシェアする
ライター高科 えり