ペットフリーク[DOG]のロゴ

ペットの食事について真剣に考えたことはありますか?
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

ペットの食事について真剣に考えたことはありますか?
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. 取材
  3. ペットの食事について真剣に考えたことはありますか?

ペットの食事について真剣に考えたことはありますか?

ペットの食事について真剣に考えたことはありますか?

ペットの健康を維持するため、食事に気を遣うオーナーさんが増えてきています。9月29日土曜日に行われたNIKKEIプラス1フォーラム スペシャルセミナー「毎日の食事からペットの健康を学ぶ」に参加して、正しいフードの選び方、与え方などを学んできました。

ペットフードはどうやって選ぶ?たくさんある中から正しくセレクトする方法

ペットフード

セミナーには、日本臨床獣医学フォーラム会長の石田卓夫先生、栄養学に詳しい獣医師の岡田ゆう紀先生、愛犬家で知られるお笑いコンビ「TKO」の木本武宏さんと木下隆行さん、『いぬのきもち』『ねこのきもち』副編集長の持田武資(もちだ・たけし)さん、そしてペットオーナー代表として長谷川有子さんが登壇。パネルディスカッション形式で、ペットのフードについて考えていくセミナーでした。

食事と運動が健康の源というのは、人間も動物も変わりません。犬であれば散歩や遊びで、猫なら室内での移動に加えて遊んだりキャットタワーに登ったりすることで運動不足を解消し、わんちゃん、ねこちゃんの栄養ニーズを満たすフードを必要な量だけ与えてあげることが大切です。

では、最適な食事、最適な量はどうやって見極めればいいのでしょうか?

犬も猫も、種類や身体のサイズ、成長段階、ライフスタイル、病気があるかどうかを含めた健康状態によって、必要な栄養素が変わってきます。仔犬・仔猫なのか成犬・成猫なのか、運動量はどのぐらいか。腎臓病や糖尿病など、疾患に特化したフードを選んだほうがいい場合もあります。
岡田先生は「最近は、フードについてインターネットで調べる方も増えているようです。
しかし、科学的根拠のない情報も多いので、やはり動物病院で健康状態などをしっかり診てもらったうえでアドバイスしてもらうのがいいと思います」とおっしゃいます。
「動物病院って、病気以外のことでも相談に行っていいのかな?」と躊躇してしまうかもしれませんが、「病気やケガの治療、ワクチン接種で来られる方が多いですが、健診を含めてもっと広い意味でペットの健康について相談に来ていただきたいと思っています」と石田先生。ペットを飼った経験がない人には、住まいの環境やライフスタイルなどを総合的に判断して「飼うなら犬がいいか猫がいいか」というところから相談にのってくださるそうですよ。

具体例だからわかりやすい!飼い主さんのお悩みにピンポイントで回答

お悩み

最近は、犬や猫にもアトピーやアレルギーが増えているそう。TKOの木下さんも、愛犬のフレンチブルドッグのアトピーで悩んでいると言います。
「じゅうたんに顔をこすりつけたりして、かゆそうなんです。お薬も飲んでいるし、フードも変えてみているんですが、なかなかよくならなくて……」。
「花粉やハウスダスト、イエダニ、ノミなど環境性のアレルギーの可能性が高いと思います。
その場合はフードを変えてもあまり効果は出ません。EPAやDHAなどオメガ3脂肪酸のサプリメントには抗炎症作用があるので、追加してみるのもいいと思います」と岡田先生。
石田先生は、「まずは、ドライモードで空気清浄機を作動させながらエアコンをかけるなどダニの繁殖を防いだり、寝具や枕をダニ対策素材のものに変えたりしてみてください」とおっしゃっていました。

アレルギー症状の原因がフードにある場合は、かなり前に食べたものが原因である可能性も高いのだとか。
「1回食べただけの食材がアレルギーを引き起こし、2か月間かゆがり続けた例もある」というお話を聞いてビックリ!
原因を特定するには、獣医師に相談しながら数週間単位でフードを変えて状態の変化を見ていく方法が効果的。
たとえば、牛肉が配合されているフードから鶏肉が入っているフードに変え、数週間経って症状が収まったとすると、そのときはじめて「牛肉が合わなかったことがわかる」わけです。

相方の木本さんは、15歳のヨークシャーテリアを飼っているそう。
「最近、器にフードを入れても食べなくなってしまったんです。
僕の手からじゃないと食べなくて、家族で出かけていると留守中はなにも食べていないし、家にいるときは自分がごはんを食べながら犬にも食べさせて……とせわしなくなってしまうんですが、どうしたらいいでしょうか?」というお悩みに対して、石田先生は「犬にとっては“大好きな飼い主からもらう”というのが悦びなんです。
留守中にごはんを食べないのも、“飼い主からもらいたい”という気持ちがあるから。
日常的に1日2食食べていれば問題ないし、一時的なことなら2日間ぐらいまったく食べなくてもだいじょうぶです。
木本さんが手で与えないと食べないのは、甘えているんじゃないかな。
まず、人間の食事と犬の食事ははっきりわけて、人間のごはん中は甘えられてもねだられても無視しておく。人間が食べ終わってからゆっくり犬に食べさせるようにするといいと思います」とアドバイス。

木本さんの愛犬は、ときどき糞を食べてしまうこともあると言います。
「散歩の途中でほかの犬の糞を食べてしまうのは寄生虫をもらってしまう可能性もあるので心配ですが、自分の糞をたまに食べるていどであればとくに問題ないケースが多いです。
ただ、すい臓が弱っていて消化吸収がうまくできず食糞をすることもあります。頻繁に食べているようなら、獣医師に診てもらってください。
また、糞をくわえて運んだり、糞で遊んだりするわんちゃんは、飼い主に怒られる=かまってもらえる、と感じていることもあるんです。
その場合は、糞をいじったときに無視していると、そのうちにやらなくなるはずです」(石田先生)。

最近注目のペットフード「グレインフリー、グルテンフリー」

グルテンフリー

犬や猫の雑誌に携わっている持田さんは、ペットフードへの関心が年々高まっていると感じているそうです。「読者アンケートなどを見ていても、価格だけではなくフードの成分や原材料について意識して選んでいるオーナーさんが多いですし、ナチュラルフード、グレインフリー(穀物不使用)フードなどもキーワードになってきているのではないでしょうか」。

6歳のチワワと暮らしている長谷川さんからも「最近は、生肉やグレインフリー、グルテンフリーのフードが流行っていますが、健康にいいんでしょうか?」という質問が・・・。
まず、生肉について石田先生が回答してくださいました。「生肉は消化しにくいため胃腸に負担がかかりますし、微生物や雑菌が繁殖していないかどうかも心配です」。
グレインフリー、グルテンフリーについては、アメリカの獣医師免許を持ち、サンフランシスコの動物病院で働く岡田先生が「アメリカではグレインフリーやグルテンフリーは一般的になってきていて、メディアでも街中でもよく見聞きします。
しかしセリアック病の患者さんや特定の穀物にアレルギーを持っている方には効果がありますが、万人にとっての健康食ではありません。
しかも人間と犬猫では栄養ニーズはまったく異なりますから、人間のトレンドをそのまま反映してしまうのはNG。現段階では“グルテンフリー、グレインフリーのフードがヘルシーだ”という医学的根拠はありません」と教えてくださいました。

食事はペットの健康を支える大きな要素のひとつ。
「おいしそうに食べている」と嬉しくなったり「食欲がないのかな・・・?」と心配になったりすることも多いと思います。今回のセミナーは、実際に登壇者のみなさんの悩みに対する獣医師さんの専門的な意見を聞くことで「一般論で考えるのではなく、専門家に相談することの重要性」を知るきっかけにもなりました。
個々の健康状態を的確に見極め、そのときどきに合った最適な栄養バランスのフードを選ぶには、専門家に相談するのが安心ですし、いちばんの近道なんですね。

  • この記事をシェアする
ライターPetFreak編集部