ペットフリーク[DOG]のロゴ

「ペット共生マンション」と「ペット可マンション」の違い
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

「ペット共生マンション」と「ペット可マンション」の違い
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. ライフ
  3. 「ペット共生マンション」と「ペット可マンション」の違い

「ペット共生マンション」と「ペット可マンション」の違い

「ペット共生マンション」と「ペット可マンション」の違い

最近よく耳にする「ペット共生マンション」。普通の「ペット可マンション」とどう違うの? 今回は、そんな疑問にお答えします!

可愛いペットと楽しく暮らしたいという気持ちは、愛犬の飼い主さんであればよくわかるはず。
その楽しい暮らしのために欠かせないのが、ペットと安心して暮らすことのできる住まいです。

マンション住まいを検討している人は、「ペット可」かどうかが探す基準でしたが、いまでは「ペット共生マンション」という新しいペットとの暮らしの形が出てきているのです。
今後ますます発展していくとみられるペット共生マンション。
今回はそのペット共生マンションと従来のペット可マンションにはどのような違いがあるのかご紹介します。

トイプードル

ペット共生マンションとペット可マンションの違いとは?

ペット共生マンションは、従来の「ペット可」のマンションよりも少し進んでいるペットと一緒に暮らせるマンションです。具体的な違いをみていきましょう。

ペットと住む為に作られたマンション

ペット共生マンションは、ペット可マンションの一つです。
でも、ペット可マンションと違って、ペットと住むことを前提に作られているので、一緒に暮らすのに便利な設備も整っているマンションです。
一方、ペット可マンションの場合、入居者全員が必ずしもペットを飼っているとは限りません。
普通のマンションで「ペットを飼ってもいいですよ」とオーナーさんが許しているマンションだからです。
一方、ペット共生マンションは、いってみれば「ペットと暮らす人の為のマンション」ですから、ペットと一緒に暮らす事を考えた心遣いが施設の随所にみられます。

子犬

ペットの入居審査があるかどうか

ペット共生マンションでは、ほとんどの場合、ペットの入居審査があります。
また獣医師による診断書の提出が必要になることもありますし、ペットのしつけ状況まで確認されることもあります。
その他、ペットの飼い主のペットマナーの審査まであるところもあります。
ペット共生マンションでは、それだけペットが安心して住めるようにルールがしっかり決まっているということです。
従来のペット可マンションでは通常の入居審査だけで、ペット審査は無い場合もあります。

入居・退去の注意事項

ペットが暮らしやすい設備が共用部と住戸内に整っているかどうか

ペット共生マンションの大きな特徴は、マンションの共用部と住戸内それぞれに、ペットが暮らしやすい設備が整っていることではないでしょうか。
例えば、リードフックやペット用足洗い場、汚物ダスト、ドッグフェンス、ドッグラン、トリミング・グルーミングルームのほか、室内には、ペットくぐり扉、張替えしやすいクロス、滑らない・傷つきにくい床材、猫棚・ステップなどが用意されていることがあります。
ペット可マンションではなかなかここまでの設備は見かけません。

犬

ペットの数や種類の制約

ペット可マンションでは多頭飼いは禁止されていることもあります。
このペットの数や種類は、ペット共生マンションのほうが柔軟性が高い場合が多いです。

子犬

ペットに関するサービスが充実

ペット共生マンションは、ペットと心地よく暮らせることがコンプセプトなので、物件によってさまざまなペットに嬉しいサービスが付随しています。
例えば、ペット相談窓口として、獣医師やドッグトレーナーに相談できるサービスが用意されていたり、入居者同士が交流できる専用WEBサイトが用意されていたりすることもあります。

相談

まとめ

ペット共生マンションは、ペットと快適に暮らすにはとても向いている、ペット可から進化したマンションです。
入居の際のペット審査を通過すれば、よりペットとの充実した生活を手に入れられるでしょう。

寝てる犬
  • この記事をシェアする
ライター 高科えり