ペットフリーク[DOG]のロゴ

犬旅にぴったりのラグジュアリーリゾート
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

犬旅にぴったりのラグジュアリーリゾート
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. ライフ
  3. 犬旅にぴったりのラグジュアリーリゾート

犬旅にぴったりのラグジュアリーリゾート

犬旅にぴったりのラグジュアリーリゾート

次のヴァカンスは、ペットと一緒の犬旅を楽しんでみるのはいかがでしょう?ペット同伴可能な国内リゾート施設「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」の魅力を、じっくりお届けします。※公式HP

ペットと旅行するペットツーリズムが人気になる一方で、飼い主と愛犬が一緒に宿泊できる施設はまだ多くはありません。
そんななか、快適な犬旅をかなえるとして人気のリゾート施設「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」の魅力をご紹介します。

ペットフレンドリーな客室とは?

「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」は、南アルプス連峰や八ヶ岳、富士山といった雄大な自然が360度に渡り広がる標高960mの山麓に位置しています。
「訪れる人々が地上のどこよりも安らげる空間」をコンセプトにして、有名建築家マリオ・ベリーニが、約7.5haに及ぶ広大な敷地にイタリアの山岳都市を思わせる街並みを築きました。

暮らすように寛げる雰囲気を大切にした客室は、居心地の良さとラグジュアリー感を備えたインテリアで、快適な滞在を約束。
そして、「レジデンスペット」と「レジデンスペット テラス付」の、2種類のペット専用客室があります。

ペット専用客室は、ペットシートやカーペットクリーナーなど、犬と快適に過ごすためのアメニティを完備。
加えて、やや柔らかい質感のフローリングを使い、犬の体に負担がかからないような工夫もされています。
ジャンプや走ることが好きな犬とも安心して滞在を楽しめます。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 様

参照:星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 様

インスタ映えもばっちり! おすすめの過ごし方

「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、具体的に愛犬とどのような過ごし方ができるのでしょうか? 
「朝起きたらホテル周辺の森を愛犬とゆっくり散歩し、YYgrill(ワイワイグリル)のテラス席で自然の恵豊かな朝食をご堪能ください。
その後、ピーマン通りに行って一緒にショッピングやカフェを楽しむのもおすすめです!」と、広報担当者は話します。

YYgrillは、ワインの木箱を組み込んだ壁や葡萄の実りを描いた壁画が美しいビュッフェ&グリルレストラン。
朝食とランチタイムはテラス席でペットと一緒に食事をすることができ(4月〜9月期間限定)、素材本来の味を大切にした目にも鮮やかな料理を味わえます。

ピーマン通りは、ホテル中央にある全長150mのメインストリート。
-高さ15mの塔・ベリーニタワーを中心に、「八ヶ岳の素敵な暮らし」をテーマにしたレストランやカフェ、雑貨店など19店舗が並びます。
飲食店を除いたショップでは、店舗内の混雑状況によりペットを抱いての入店が可能。また、ワインや食に関する書籍も豊富に揃えたブックストアのブックス&カフェは、17時〜22時まではペット同伴可能です。

ピーマン通りでは四季を通じて様々なイベントを開催しており、春には石畳に絨毯のように花を敷き詰める 「花咲くリゾナーレ」を実施。
今年の開催期間は第一部が4月28日〜5月6日まで、第二部が5月12日〜6月3日までです。
色とりどりの花々を背景に、愛犬とインスタ撮影をするのもおすすめ!

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 様

参照:星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 様

ペットフレンドリーな観光地も充実

よりアクティブな滞在を楽しみたいなら、「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」近くのペットフレンドリーな観光地にも足を伸ばしてみましょう。
ヤギや羊などの動物と触れ合うことができるまきば公園や、絵本専門図書館のえほん村はペット連れで楽しめます。
また、八ヶ岳リゾートアウトレットもペット同伴でショッピングができ、ドッグランもあります。

「ペット同伴可能なホテルが少ないなか、アメニティも充実していて安心して滞在を楽しめる」と、リポート客が多いのも納得の「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」。
ピーマン通りは立ち寄りの利用も可能です。
ぜひ次のヴァカンス候補のひとつにしてみてください!

ピーマン通り

参照:星のリゾート 様

まとめ

犬旅におすすめの施設のひとつ「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」。
ペット同伴可能なレストランやショップがあり、愛犬と快適な滞在を楽しめます。
また、近くには犬同伴可能な観光地も充実しています。
次のヴァカンスに訪れてみるのはいかがでしょう?

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

参照:星のリゾート 様

  • この記事をシェアする
ライター 高橋 京子