ペットフリーク[DOG]のロゴ

ペットの看取りのマナー
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

ペットの看取りのマナー
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. 知識
  3. ペットの看取りのマナー

ペットの看取りのマナー

ペットの看取りのマナー

ペットの家族化に伴い、ペットの供養もきちんと行いたいというペットオーナーが増えています。遺体安置の方法から埋葬、葬儀、納骨までペットの看取りについてご紹介します。

ペットの飼い主ならばいずれは経験することになる、ペットとのお別れ。
事前に情報収集をしてきちんとお別れをすることで、心の整理をすることができます。
今回はペットの看取りについてまとめます。

自宅葬より専門業者に依頼するオーナーが増えている

ペットが亡くなったら、最初に何をすればいいのでしょうか?
まずは、日差しの当たらない涼しい場所を選んで遺体を安置します。
箱に入れるか、タオルなどを敷いてあげてください。
ペット専用の棺を売っているところもあります。
そして、濡らした布などでペットの体を清めてあげましょう。

その後、遺体を自宅に埋葬するという方法もありますが、最近では「ペット葬儀を専門とする業者に依頼して火葬を選ぶ」という人が増えているようです。

訪問火葬車が迎えに来て合同あるいは個別に火葬し、終了後はスタッフが拾骨を執り行って骨壺・骨袋に納めてお返しする。
あるいは、家族自らが拾骨できるところもあります。

骨壺・骨袋

犬友などを呼んで葬儀を行うケースもある

さらに、ペットの家族化に伴い、「愛犬が亡くなったら人間と同じように葬儀や位牌、仏壇、埋葬などをきちんと行いたい」と望む人が多くなっているようです。
葬儀はペット葬儀業者にお願いする他、お寺独自でペットの葬儀をしてくれるところもあります。

葬儀参列者は家族だけというのが主流ですが、中にはお散歩仲間などの犬友にお声がけをするペットオーナーも。
また、火葬の前にお世話になった獣医師やペットシッターに声をかけて、自宅で最後のお別れをするという人もいるようです。

お葬式に参加する際に、喪服を着る人はほとんどいません。
特に決まりはありませんが、なかにはお散歩の時にいつも着ていた服を着て愛犬との思い出に浸るペットオーナーもいるそうです。

仏壇

ペット霊園や手元供養などで納骨

葬儀が終わると、次は納骨となります。
主にペット霊園やペットの納骨堂がある民間のペット葬祭業者に申し込めば、納骨することができます。
その際、個別でお墓を持つ「個別納骨」か、他のペットと共同で納骨する「合祀納骨」が選べるところもあります。
葬式を終えた後に直接納骨する方もいれば、仏教の場合は四十九日の法要をして納骨を行う方もいるようです。

その他、手元供養という方法をとるペットオーナーもいます。
これは、ペットを火葬した後、遺骨や遺灰を自宅などの身近な場所や身に着けるという形で手元に置いておく方法です。
手元供養の方法としては、ペンダントトップやブローチなど身につけられるジュエリーに入れる、あるいは、遺骨を納めるためのケースを購入して自宅に置いておく、というのがあります。
陶器やガラスなど、仏壇とはまた違う素材を使ったケースや、遺灰を納めるカプセルなど、さまざまな種類が販売されています。

電話をする女性

いかがでしたでしょうか。 「最後まできちんと飼主としての責任を全うしたと思えれば、ペットロスの具合も変わると思います」と、ペット仏壇・仏具専門店ディアペットのスタッフは話します。
ペットを看取るまでがペットオーナーの責任と考え、後悔のないペットとのお別れをしたいものですね。

いぬのきもち

参照:ペット仏壇・仏具専門店 ディアペット 様 公式サイト

まとめ

ペットを看取るまでがペットオーナーの責任。
きちんとお別れをすることで、ペットロスの具合も変わる可能性があります。
葬儀や納骨には様々な方法があるので、事前に情報収集をしておきましょう。

犬
  • この記事をシェアする
ライター 高橋 京子