ペットフリーク[DOG]のロゴ

SNS投稿写真向け!愛犬を可愛く撮るコツ
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

SNS投稿写真向け!愛犬を可愛く撮るコツ
犬の情報サイト「PetFreak Dog」

  1. トップ
  2. 知識
  3. SNS投稿写真向け!愛犬を可愛く撮るコツ

SNS投稿写真向け!愛犬を可愛く撮るコツ

DOGの記事画像

日々、SNS用に愛犬の撮影をしているものの、なかなか可愛い写真が撮れないときはありませんか? 今回は、SNS映えする犬写真撮影のコツをご紹介します。

今は、SNSに飼い犬などのペットの写真を投稿するのがトレンドのようになっていますよね。
特に可愛い写真が撮れると、フォローしてくれている友人や知人の方にも喜んでもらうことができます。
でも、犬の撮影をしながら、なかなか可愛い写真が撮れなくて困ってしまうことはありませんか?
可愛く撮影するには、ちょっとしたコツがあるのです。
そこで今回は、SNS映えする犬写真撮影のコツをご紹介します。

犬の立場に立って撮影しよう

SNSに載せたいと思う飼い犬の写真といえば、やはり自然でいつもと変わらないシーンではないでしょうか。
幸せそうな表情なら尚、素敵ですよね。
そこで撮影するときに注意したいのが、犬の立場になっていろんな配慮をすること。
例えば、次のことを意識してみましょう。

・フラッシュは控える
・まぶしい日光を避け、できるだけ室内で撮影する
・犬と同じ目線で撮影する
・はじめのうちは、犬が撮影に慣れていないことに配慮する

犬を驚かせないようにフラッシュは控えましょう。
まぶしいと目がぱっちりとした可愛い、もしくはキリリとした写真が撮れません。
また、飼い主さんが上から見下ろす姿勢で撮影するよりも、犬と目線を合わせて、飼い主さんも一緒になって座ったり、寝転んだりしながら撮影すると犬は安心します。
撮影しながら遊んであげると、さらに喜ぶでしょう。

また、初めてカメラやスマートフォンを向けられて撮影されると、犬は不思議な顔をするかもしれません。
はじめのうちは慣れていないことに十分配慮して、あまり長時間撮影せず、犬を疲れさせないようにしてあげましょう。
場合によっては、はじめは寝顔から始めて、徐々に慣れさせていくといいですね。

犬と子供の写真

写真撮影のテクニック!

犬はいつ動き出すかわからないので、人間よりも撮影がむずかしいところがあります。
プロのカメラマンになったつもりで、ぜひ撮影テクニックを覚えましょう。

●犬の目にピントを合わせる
もしピントを合わせられるカメラなら、犬の目に合わせるようにするとクリアで素敵な写真を撮ることができます。

●声かけやおやつでシャッターチャンスを狙う
犬は人間と強い絆を結ぶ動物といわれることから、飼い主さんにしか見せない貴重な表情をすることもあります。
そんな表情が撮れたら、SNSで多くの人に興味を引いてもらえることでしょう。
そのための撮影のコツは、カメラのレンズを向けながら犬の名を呼ぶこと。このとき、声色や声の高さをちょっと変えるだけで、「?」と首をかしげて絶妙な表情を見せることもあります。
そんなときこそ、シャッターチャンスです。
場合によってはおやつを見せて、欲しそうにこちらを見つめる表情というのも、可愛い表情のシャッターチャンスといえます。

●連続でシャッターを押す
犬は1秒、1秒異なる表情を見せます。
その絶妙な瞬間をとらえるためには、連続してシャッターを押してみるといいでしょう。
複数枚のうち、最高の一枚があるかもしれません。

●背景はできるだけシンプルに
自宅で撮影するときには、背景にさまざまなものが写りこんでしまいがちです。
できるだけ背景はシンプルにするように心がけましょう。

チワワの写真

まとめ

愛犬の写真をSNSにアップすると、友人や知人の方から、「可愛い!」と言ってもらえますよね。
その中でも、とびっきりの一枚を撮影して、ぜひ「SNS映え」を狙いたいものです。
そのためには、まずは犬の気持ちに配慮して撮影することが大切です。
その愛犬を大切にする気持ちが伝われば、きっと良い表情とシャッターチャンスをくれることでしょう。

柴犬の写真
  • この記事をシェアする
ライター 高科 えり