ペットフリーク[Cat]のロゴ

猫モチーフのバレンタインチョコ特集
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

猫モチーフのバレンタインチョコ特集
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

  1. トップ
  2. 話題
  3. 猫モチーフのバレンタインチョコ特集

猫モチーフのバレンタインチョコ特集

猫モチーフのバレンタインチョコ特集

可愛い猫モチーフのスイーツ。バレンタインはチョコレートをチェックしてみませんか。今回は猫好きにはたまらないチョコレートをご紹介します。

今年のバレンタインチョコレートをあげる相手と、あげるチョコレートはもう決まりましたか?
毎年何をあげようかと迷っている人は、ぜひ猫モチーフの人用チョコレートを選んでみてはいかがでしょうか。
そこで今回は、猫の形のチョコレートや、パッケージに可愛い猫が施されたチョコレートなど、素敵な猫モチーフのバレンタインチョコレートをご紹介します。

1.ゴンチャロフ「アンジュジュ」

ゴンチャロフ 様 公式サイト
ゴンチャロフ 様 公式サイト

いつも見た目も楽しく、ワクワクしてくるようなアイテムや、キャラクターとコラボなどが人気のゴンチャロフというブランド。
毎年、バレンタイン向けに楽しい商品を展開しています。
2019年はゴンチャロフでも人気の「猫」をテーマにしたものを展開しています。
その名も、「アンジュジュ」。イラストレーターの宮崎一人さんによって描かれた猫たちは、とっても魅力的。
パッケージには、音楽のある世界で、のびのびと自由に遊ぶ猫たちが描かれています。
また、猫型や肉球型のチョコレートは食べるのがもったいないと感じるほどの可愛さがあります。
そのチョコレートのラインナップは実に豊富! 立体ネコ型、イラストのプリントがされているもの、肉球ショコラや肉球プレーンなどがあります。
色んなチョコレートの詰め合わせに、箱を開いた途端にもらった側は胸躍りそうです。

アンジュジュ

参照:ゴンチャロフ 様 公式サイト

2.Caffarel(カファレル) 「チョコラティーノ(ネコ)」

 Caffarel 様 楽天販売ページ

見た目が華やかで楽しい、カファレルのお菓子は大人気。
そんな中、バレンタインチョコレートの一つとして、イタリアの街角を散歩する猫が描かれた缶が可愛い「チョコラティーノ」があります。
そして、缶の中にも面白い猫や、男の子と女の子などの人気のチョコレートが詰まっています。
もちろん、チョコレートを食べ終わった後は、小物入れ使えば、ずっと猫を楽しむことができます。
これは、相手に贈るのも楽しみですが、自分にも一つ購入したくなりますね。

チョコラティーノ(ネコ)

参照:Caffarel 様 楽天販売ページ

3.デメル「Solid ChocolateCat labelソリッドチョコ 猫ラベル」

デメル 様 公式サイト

ザッハトルテで知られるウィーンの老舗菓子店デメル。
バレンタインデーには、猫の舌の形をした可愛らしいチョコレートはいかがでしょうか。
ミルク、スウィート、ヘーゼルナッツの3種の味の種類があります。
パッケージは味ごとに異なるので、どれも手に入れて、その上品な猫の箱は記念としてとっておきたくなります。
舌をべろーっと出している猫の絵柄は可愛くて仕方がありません。

Solid ChocolateCat labelソリッドチョコ 猫ラベル

参照:デメル 様 公式サイト

4.メリーチョコレート「Ma Petite Minette(マ プティット ミネット)」の「ミネットクロンヌ」と「ミネットスクレ」

メリーチョコレート 様 高島屋オンラインストアページ

高島屋オンラインストアで扱われている、有名ブランドメリーチョコレートからのバレンタイン商品です。
「Ma Petite Minette」は、「わたしのかわいい猫ちゃん」という意味。
「ミネットクロンヌ」はモーブとブルーの2種類があり、猫の顔が描かれたパッケージと、猫の顔が描かれたチョコに、猫好きさんはもうメロメロ!
箱は小物入れにしたくなります。
「ミネットスクレ」はローズとブルーの2種類。引き出し式のボックスにプレーンチョコレートなどが入っています。
こちらも猫のパッケージ絵柄が可愛すぎます。

「Ma Petite Minette(マ プティット ミネット)」の「ミネットクロンヌ」と「ミネットスクレ」

参照:メリーチョコレート 様 高島屋オンラインストアページ

まとめ

いかがでしたか?
猫モチーフのバレンタインチョコレートは、もらう人はもちろんのこと、あげる人も大喜びのお互いがハッピーになれるアイテムばかり!
ぜひバレンタインのチョコレート選びの参考にしてみてくださいね。

※今回ご紹介しているものは、すべて人用の食べ物です。犬や猫に与えるものではありませんのでご注意ください。

猫
  • この記事をシェアする
ライター高科 えり