ペットフリーク[Cat]のロゴ

猫育成ゲーム3選
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

猫育成ゲーム3選
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

  1. トップ
  2. 話題
  3. 猫育成ゲーム3選

猫育成ゲーム3選

猫育成ゲーム3選

猫好きにはたまらない猫育成ゲーム! バーチャルに猫を飼うゲームです。中でも可愛くてハマってしまいそうなゲームを3つ集めてみました。

普段、スマホアプリゲームを楽しんでいる方も多いのでは?
そんなゲームの中でも、きっと猫好きのあなたならハマってしまうこと確実なものもあります。
果たしてどんなゲームなのでしょうか?
早速見ていきましょう。

■「てのひらニャンコ【スマホでにゃんこ育成】」

株式会社エイジ 様「てのひらニャンコ」公式サイト

タイトル通り、手のひらで猫を育成できるアプリです。
世の中には、猫を飼いたくても飼えない人もいるなかで、この育成アプリなら、手軽に猫が飼えます。
猫に毎日出会えるだけでなく、一緒に遊んだり、着替えをしたり、街に出かけたり、コンテストに挑戦したりすることができます。
注目なのは、コンテスト。
他の飼い主さんが育てた猫と戦うというものです。
これなら育成するのに熱が入りますよね。
ちなみに他の猫との結婚できることもあり、出産まで叶う可能性が!
手の込んだ猫育成ゲームですね。

てのひらニャンコ

参照:株式会社エイジ 様「てのひらニャンコ」公式サイト

■「かわいい こねこ育成ゲーム - のんびり癒しの ねこげーむ」

Canvas soft 様「かわいい こねこ育成ゲーム - のんびり癒しの ねこげーむ」App Storeページ

このゲームは、子猫を育てるスマホアプリ。
一日に2回、子猫をなでなでするというもの。
またお昼寝シーンや、お掃除ロボットに子猫が乗るといったしぐさが見られることもあります。
実際、このゲームに出てくる子猫は目をうるうるさせてこちらを見てくる、驚くほど可愛いと評判です。
また、猫の鳴き声も楽しめるので、一日の楽しみが増えそうです。

かわいい こねこ育成ゲーム - のんびり癒しの ねこげーむ

参照:Canvas soft 様「かわいい こねこ育成ゲーム - のんびり癒しの ねこげーむ」App Storeページ

■かわいい子猫3D - 3DS

ニンテンドー 様「かわいい子猫3D」公式サイト

Nintendo 3DSで遊べるこのゲームは、9種類の可愛い子猫と楽しく生活ができるもの。
毛色の違いも入れると、なんと24種類もの子猫たちの中から、お好みの子猫を選んで育成できます。
また、このゲームが特徴的なのは、子猫が「キモチ」を表す行動や仕草をすると、「キモチキャッチシステム」が発動するところ。
そこで飼い主さん側は、8種類のキモチからどんなキモチなのかを選んで正解を見つけます。
もし猫のキモチが理解できたら、「にゃんこ検定」が受けられます。
にゃんこ検定を受けるためにも、ぜひ子猫のキモチ、理解してみたいですね。

かわいい子猫3D

参照:ニンテンドー 様「かわいい子猫3D」公式サイト

■「LITTLE FRIENDS –DOGS & CATS-(リトルフレンズ)」

ニンテンドー 様「LITTLE FRIENDS –DOGS & CATS-」公式サイト

2018年12月6日に発売になるNintendo Switchのゲームです。
簡単に言えば、子猫や子犬を育成シミュレーションできるゲーム。
しかもその猫や犬たちは、造形はもちろん、毛並みまでリアル!
だからこそ本物のペットみたいに感情移入しやすいのです。
そしてNintendo Switchには「HD振動」という機能があり、ゲームの中で、猫をなでなでしたり、エサをあげたりすることができて、本物の猫を飼っているかのように遊ぶことができます。
さらなる楽しみは、猫や犬と一緒に暮らす部屋や、犬や猫のお洋服を選んで着せてあげることもできるところ。
もちろん、お散歩も可能。まさに本当の猫や犬との生活を楽しめるものです。

リトルフレンズ

参照:ニンテンドー 様「LITTLE FRIENDS –DOGS & CATS-」公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した以外にも、猫育成ゲームは豊富にあります。
スマホアプリから、色んなゲーム機器のソフトまで、さまざまな種類が!
選ぶポイントは、自分のお気に入りの猫を見つけることにありそうです。
今は猫の造形のレベルも上がっており、リアルな動きをみることができるものも多いです。
夢中になれるかどうかは、自分が本気で可愛いと思える猫をいかに見つけられるかにかかっているといえそうです。
ただ、ハマり過ぎには注意!
もし本当に猫を飼っているなら、愛猫そっちのけで夢中になることはないように注意してくださいね。

猫
  • この記事をシェアする
ライター高科 えり