ペットフリーク[Cat]のロゴ

突撃取材!ロイヤルカナン韓国工場!
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

突撃取材!ロイヤルカナン韓国工場!
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

  1. トップ
  2. 取材
  3. 編集部がロイヤルカナンの新しくオープンした工場を直撃しました

編集部がロイヤルカナンの新しくオープンした工場を直撃しました

ロイヤルカナンの新しくオープンした工場

飼い主さんがペットに毎日与えているフード。ペットフードってどのように作られているのか知っていますか? 栄養バランスはどのように設計しているのか、品質をどのように担保しているのかなど疑問は尽きません。今回は飼い主さんが意外と知らないペットフードが作られている現場に迫ります。Pet Freak編集部が訪れたのは、ロイヤルカナンが韓国の金堤(キムジェ)市に新しくオープンしたペットフードの工場。インタビューに答えてくれたのはアジア太平洋地域リージョナル・プレジデントのシルビアバーベリーさんです。

栄養バランスによって、犬と猫に健康的で幸せな生活を

ロイヤルカナンはどんな会社なのですか?

シルビアバーベリーさん
「ロイヤルカナンは「Dog and Cat First すべては犬と猫のために」を掲げ、犬と猫が真に健康でいるために栄養学に基づいてフードを開発し、プレミアムな総合栄養食や食事療法食を提供している会社です。」

創始者はフランスの獣医師ジャン カタリ―博士。
博士はジャーマンシェパードの皮膚病は薬を使うと改善するけれど、間もなく再発してしまうのをなんとかしたいと考えていました。
そこで始めたのが「薬の代わりにフードを用いて犬に本来備わっている健康を最大限に引き出す」という試みでした。
フードは絶大な効果をみせ、犬たちは完全に回復。皮膚病を再発することはなくなりました。

―これが今もロイヤルカナンに根付く「栄養バランスによる犬と猫のウェルビーイング(健康的で幸せな生活)」という理念につながっているのですね。

ロイヤルカナン

ペットの健康に対する意識が高い日本市場でロイヤルカナンのフードの需要が伸展

―今回編集部が訪れたのは世界で15番目となるロイヤルカナンのペットフード製造工場です。
ソウル市の龍山(ヨンサン)駅から韓国高速鉄道KTXに乗車しておよそ2時間の金堤市の益山(イクサン)駅から車で20分ほどの場所にあります。
広さはおよそ10万平方メートルにもおよびます。

シルビアバーベリーさん
「韓国工場は、中国国内市場向け製品を生産する上海工場を除き、アジア太平洋地域を主力供給先とする初めての拠点です。」

日本ではペットの家族化、高齢化などによって、ペットの健康に対するペットオーナーの意識が向上していることから、個々の犬や猫に最適な栄養バランスを提供するロイヤルカナン製品のニーズが高まっています。
また、他のアジア諸国、特に経済成長が著しい新興国においてもペットフード市場は拡大しています。
こうした状況を受けて、ロイヤルカナンでは、ロイヤルカナン世界共通の厳しい品質・安全基準を順守しながら、安定的に製品を供給することが課題となっていました。

今回、アジア太平洋市場向けに韓国の金堤市に新工場を開設することによって、アジア太平洋地域のペットオーナーの皆さまのニーズにより迅速に対応できるようになります。

—日本やアジア太平洋地域の飼い主さんたちが高品質のフードを継続的に安定して手に入れて、愛犬や愛猫が健やかに過ごせるように与え続けられるようにするための拠点として選ばれたのが韓国だったのですね。

ロイヤルカナンのペットフード製造工場

それぞれの犬種、猫種によって必要な栄養バランスは異なる

―ところで、ロイヤルカナンでは200種類以上の製品を展開しているそうですね。
なぜそんなに多様な種類のフードが必要なのでしょうか。

シルビアバーベリーさん
「犬や猫の栄養ニーズは、犬種、猫種による差があるのはもちろんのこと、体のサイズ、年齢、ライフスタイル、健康状態によっても異なります。
だからそれぞれのニーズにあわせた多様なペットフードの種類が必要なのです。」

ロイヤルカナンでは犬や猫の体に必須の40種類ある栄養素を、それぞれのニーズにあわせてまるでジグソーパズルのように組み合わせてペットフードの開発を行ないます。
研究開発が行われているのはフランスのエマルグというところです。
ペットフードはこの内容に基づき、世界15カ所にあるどこの工場でも同様の品質、安全性を保つことができるように厳しい基準にしたがって生産されています。

―今回新工場が設立された韓国でも、もちろんフランスで開発された内容にしたがったフードが作られています。
そして、世界共通の厳しい品質基準と安全基準を満たした高品質のペットフードが日本をはじめとしたアジア太平洋地域へ供給されるのですね。

ペットフード

どんなに良い栄養が詰まっていても、動物たちが食べてくれなければ体を健やかに保てない

―ロイヤルカナンのペットフードには犬や猫が喜んで食べてくれて、よく消化されるよう工夫がほどこされているそうですね。

シルビアバーベリーさん
「どんなに栄養バランスが整ったフードでも、犬や猫たちがそれを食べて消化され体に吸収されなければ意味がありません。
そこで栄養ニーズを満たすことにプラスして消化性や嗜好性を高めることも考慮しています。
たとえばラブラドールレトリバーはほかの犬種よりも早食いであることが知られているので、ロイヤルカナンのラブラドールレトリバー成犬用のフードの粒は大粒で真ん中に穴が開いたチューブ型になっています。
そうすることで、よくかんでゆっくり食べることを促せます。
犬種や猫種ごとの顎の形や食べ方に合わせて粒の形を設計しているのです。」


―粒の形、硬さ、食感もおいしく食べてもらうためには大切なのですね。
猫や犬の体を健やかに保つために欠かせないフードだから健康でいるための栄養が詰まっているのはもちろん、喜んで食べてくれて、消化性にも優れたものを選びたいと思いました。
そして、今回新しくオープンした工場の見学を通し、フード1粒1粒には開発した研究者やフードを作る工場の人たちの犬と猫の健康を守りたいという想いがぎゅっと詰まっているのだと感じました。

ロイヤルカナン韓国工場内
ライターPetFreak編集部