ペットフリーク[Cat]のロゴ

知りたい!猫に必要な栄養のこと
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

知りたい!猫に必要な栄養のこと
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

  1. トップ
  2. 取材
  3. 知りたい!猫に必要な栄養のこと

知りたい!猫に必要な栄養のこと

「ペットの健康寿命を考える」プレスセミナー

猫の健康を保つために不可欠な「栄養」。ただし、猫は自分自身で食べるものを選ぶことができません。猫がいつも元気でいられるために、飼い主さんは猫の栄養をどう考えればよいのでしょうか。9月30日に開催された第20回日本臨床獣医学フォーラム記念大会2018にて行われた猫専門医・服部幸先生の講演を聞いてきました。

「自分がベジタリアンだから、うちのコも体に良い野菜で育てたい」は可能?

ベジタリアンは可能?

答えはNOです。
ではどうして猫は野菜や果物のみでは生きていけないのでしょうか。

その理由を説明する前に、人、犬、猫に必要な三大栄養素についてみてみましょう。
三大栄養素とはエネルギー源となる「炭水化物」「脂肪」「たんぱく質」を指します。

人と犬では両者とも雑食性のため必要な三大栄養素の割合が似ています。
それに比べ、猫は肉食動物獣なので必要な脂肪とたんぱく質の割合が多く、炭水化物の割合が少ないのが特徴です。
そのため脂肪やたんぱく質が豊富に含まれる肉や魚を摂る必要があります。

このように、猫はもともと体が必要とする栄養のバランスが肉食動物獣としての特徴を有しており、人や犬とは異なることが分かります。

必要な栄養素の割合

猫とたんぱく質

三大栄養素のバランスの問題だけではありません。
三大栄養素個々を見てみても野菜だけではなく肉が必要な理由があることが分かります。

たんぱく質は体の細胞を構成したり、皮膚や筋肉だけではなくホルモンや抗体の材料にもなる栄養素です。
子猫のときつまり成長期には、成猫の維持期に比べて多くのたんぱく質が必要となります。

たんぱく質は、20種類のアミノ酸が集まって作られアミノ酸がどう配列するかによって、どんなたんぱく質が作られるかが決まります。

では、このアミノ酸はどこからくるのでしょうか。
アミノ酸のうち「非必須アミノ酸」は猫が自分自身の体の中で作ることができるため、必ずしも食事から摂らなくても問題ありません。

一方、アミノ酸のうち「必須アミノ酸」は、猫は体内で自分で作ることができません。
そのため食事から摂る必要があります。
なかでも「タウリン」「アルギニン」のは猫にとって非常に重要な必須アミノ酸です。
タウリンが含まれる食べ物は「牛乳」「卵」「魚」などです。
植物性たんぱく質のなかにはタウリンがほとんど含まれていません。
タウリン不足によって、深刻な心臓の病気になってしまい最悪の場合は死に至ることも分かっています。

そのため、猫をベジタリアンとして育てようとするとタウリン不足に陥ってしまいます。
これが、猫は野菜だけではなく魚などの動物性たんぱく質の摂取が必要な理由です。

タンパク質の要求量

猫と脂肪

脂肪は効率の良いエネルギー源で、たんぱく質や炭水化物に比べると1グラムあたり2倍以上のエネルギーを作り出すことができます。
そのため食べ過ぎると太ってしまうということになりますが、脂肪には体を作るために欠かせない大切な役割があります。
脂肪は脂溶性ビタミンの吸収を助けたり、炎症反応に関与するはたらきをするほか、細胞の膜を作る構成成分となります。

脂肪にもタンパク質と同じように、体の中で作ることができる「非必須脂肪酸」と、食事から摂取しないと不足してしまう「必須脂肪酸」があります。
猫と犬の必須脂肪酸には「α―リノレン酸」「リノール酸」があります。
これら2つの脂肪酸に加え、猫では「アラキドン酸」も体の中で作ることができません。

そのため、もし犬と猫を飼っているお家で犬用のフードを猫にも与えているということがあったら、猫はアラキドン酸不足になるおそれがあります。
また、「レバー」「卵」にはアラキドン酸が豊富に含まれ、野菜だけの生活ではラキドン酸不足に陥ってしまうのです。

脂質の要求量

猫は体の中でビタミンAを作れない

三大栄養素のお話はここまでにして、次にビタミンについてみてみましょう。
猫にとってビタミン類は健康を保つために大切な栄養です。

実はビタミンのなかにも、食事から摂らないと不足してしまう成分があります。
それはビタミンAです。
ビタミンAは目や皮膚の粘膜を健康に保つために欠かせない栄養ですが、人の場合、β―カロテンを多く含むニンジンなどの食べ物を摂ると、体内で酵素によってビタミンAに変換されます。

ところが、猫にはこのβ―カロテンをビタミンAに変換するための酵素がありません。
そのため、猫はビタミンAそのものを含む食物を食事として摂らなければなりません。

ビタミンAを豊富に含む食物には「レバー」「卵」などが挙げられます。
これも、猫がベジタリアン生活をしようと思うと栄養不足になってしまう一因となります。

このように野菜だけの食生活では猫に必要な必須アミノ酸のタウリン、アルギニン、必須脂肪酸のアラキドン酸、ビタミンAが不足してしまうことが分かりました。
猫の健康を保つために、これらの栄養がしっかり含まれたバランスの良いフードを選ぶことが大切ですね。

猫は体の中でビタミンAを作れない
ライターPetFreak 編集部