ペットフリーク[Cat]のロゴ

猫がまつられている神社
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

猫がまつられている神社
猫の情報サイト「PetFreak Cat」

  1. トップ
  2. ライフ
  3. 神秘的!猫がまつられているお寺と神社

神秘的!猫がまつられているお寺と神社

猫がまつられているお寺と神社

全国にある神社仏閣の中には、猫がまつられているところもあります。そこには猫にまつわる神秘的なエピソードが。今回は、都内にある猫に関係するお寺や神社を3つご紹介します。

日本に伝わる神社やお寺には、時に、猫がシンボルとなってまつられていることがあります。
ふと立ち寄った神社やお寺で、もしかしたら猫に出会うこともあるかもしれません。
そこには神秘的なエピソードが伝わっていることも。
そこで今回は、都内にある猫がまつられている神社やお寺をご紹介します。

1.豪徳寺(東京都世田谷区)

豪徳寺は、「猫寺」としても知られている猫にまつわる有名なお寺。
本堂の西側に招福廟というお堂があり、招き猫が多数奉納されています。
奉納されるようになったいわれには、江戸時代の2つのエピソードが関係しています。
一つはこうです。
この豪徳寺の門前で、当時飼われていた猫が、通りかかった彦根城主に対して、手をあげて招き入れたところ、突然、雷が鳴り、夕立が降り始めたのだそうです。
彦根城主は猫のおかげで雨に打たれるのを免れました。その後、彦根城主が大変感謝し、寺に多額の寄進をしたことで、復興できたとされています。
当時飼っていた猫の名は「たま」で、和尚は貧しいながらも自分の食べ物を分け与えて、たいそう可愛がっていたといいます。
幸運を呼んだ猫とされ、後世に伝わり、猫が手をあげている人形を作り、「招福猫児」と名付けてまつったのだといいます。
以後、家内安全・商売繁盛になると評判になり、福を招き入れる猫として知られるようになったといわれています。

豪徳寺(東京都世田谷区)

2. 今戸神社(東京都台東区)

浅草にある今戸神社にも、猫がまつられており、招き猫の発祥の地といわれています。
この神社にも、幸運をもたらした猫のエピソードがあります。
江戸時代末期に、浅草に住んでいた老婆が、飼っていた愛猫を貧しいことを理由に手放しました。
すると、その猫が枕元に立って、自分の姿を人形にすれば、必ず福徳を授かるといったお告げが得られたのだそうです。
老婆はその通りにし、その猫の人形を浅草寺の参道で売り始めたところ、大評判となったといわれています。
今戸神社には、石のなで猫の石像があり、招き猫が2匹座っています。
そして本殿には大きなオスとメスのペアの招き猫も存在します。

今戸神社(東京都台東区)

参照:今戸神社様

3. 蚕影神社(東京都立川市)

立川市にある阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)には複数の神社が存在しますが、中でも「猫返し神社」と呼ばれる蚕影神社(こかげしんじゃ)があります。
これは、ジャズピアニストの山下洋輔さんという人が、かつて愛猫が脱走してしまったときに、たまたま通りかかったこの神社でお参りをして「猫がかえってきますように」と願掛けをしたところ、翌日帰ってきたというエピソードからきているそうです。
そしてその後も、猫が脱走するたびにこの神社でお参りをすると必ず帰ってきたところから、有名なお話として広がっていったのだそうです。
不思議なことはあるものですね。
同じように飼い猫が脱走してしまった飼い主さんが、ここへきてお参りをしたところ、猫が戻ってきたというエピソードもあるそうです。
もし愛猫がいなくなってしまったときには訪れてみるのもよさそうです。

蚕影神社(東京都立川市)

参照:阿豆佐味天神社 立川水天宮様

まとめ

猫がまつられている神社やお寺、いかがでしたか?
いずれも不思議なエピソードばかりで、ますます猫という存在が神秘的に思えてきますね。
ぜひ近くを通りかかったら、お参りしてみましょう。

  • この記事をシェアする
ライター 高科 えり