ペットフリーク[Cat]のロゴ

猫の糖尿病について知りたい! | 獣医師インタビュー
ニャンコ情報「PetFreak Cat」

猫の糖尿病について知りたい! | 獣医師インタビュー
ニャンコ情報「PetFreak Cat」

  1. トップ
  2. インタビュー一覧
  3. 猫の糖尿病について知りたい!

猫の糖尿病について知りたい!

おりの中の猫

猫の糖尿病は、肝臓や腎臓に合併症を起こして、猫ちゃんの生活の質を低下させる病気です。
予防や、早期発見・早期治療に結びつけるにはどうしたらいいのか。
また、もし愛猫が糖尿病になったら、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。
マーブル動物医療センターの難波信一先生に教えて頂きました。

猫の糖尿病の原因

猫の糖尿病は、人と同じように肥満などの生活習慣病が原因となって起こる場合もありますが、膵炎がきっかけとなって発症することが多いです。 膵臓は、糖を分解する「インスリン」という物質が出ている場所。 膵臓が炎症を起こすことで、その場所がダメージを受けてインスリンが分泌されなくなり、最終的に糖尿病になってしまうのです。

おりの中の猫

糖尿病が起こりやすい猫っているの?

猫ちゃんが糖尿病になるリスクが高まるのは、5~6歳ころからと言われています。 なぜ中高年になると糖尿病のリスクが高くなるのかというと、その原因は、年をとって代謝が低下してきているのに、若いころと同じ量のフードを与え続けることや、お家で過ごす猫ちゃんが増えて、運動不足になり、猫ちゃんが肥満になりやすくなることにあります。 その結果、インスリンが分泌しづらくなったり、正常にはたらかなくなったりして糖尿病になってしまうのです。

ぽっちゃり猫の写真

猫の糖尿病を早期発見するにはどうしたらいいの?

大切な愛猫の糖尿病を早期発見するポイントは、毎日飲んでいる水の量と、おしっこの量です。 糖尿病になると「水を大量に飲むようになる」「おしっこの量が多くなる」という症状がみられるようになります。 大量に水を飲むということの目安は、1日に飲む水の量が、その猫ちゃんの体重1㎏あたり50mLを超えた場合と考えます。 ですが、猫ちゃんが1日に飲んでいる水の量を正確に測るのはなかなか難しいですよね。 飲水量よりも、もっと分かりやすい早期発見の方法がおしっこの量です。 トイレのおしっこ玉が今までよりも増えたと感じたら、それがおしっこの量が増えていることの目安になります。 また、糖尿病というと太っているイメージがあるかもしれませんが、症状がすすむと「やせ」といって、猫ちゃんがそれまでよりも痩せてきます。 おしっこ玉の量に加えて、肥満がみられた段階で連れてきていただけると、より糖尿病が軽症の段階で治療をスタートすることができます。 いま挙げたのはオーナー様がご自宅で実践できる糖尿病の早期発見のポイントです。 これらに加えて、獣医療の専門家による「定期検診」を受けて、目では見えない体のなかで起こっている変化を早急に捉え、少しでも早く対処できるようにしておくと、より安心なのではないかと思います。 定期検診の頻度は、6歳までは年1回、7歳からは年2回の受診を目安にしてください。 検査項目としては、糖尿病の早期発見でしたら、血糖値を測定する「生化学検査」が含まれた血液検査のみで問題ありません。 ただし、もし腫瘍や臓器の異常も早く見つけたいと思っているのでしたら、レントゲン検査や超音波検査も一緒に受けるようにすることがすすめられます。

難波信一先生

猫が糖尿病になったときの治療

猫の糖尿病の治療の柱は「インスリンによる薬物療法」と「食事療法」です。

●薬物療法
猫の糖尿病の治療のメーンはインスリンです。
猫ちゃんの血糖値を適切にコントロールするための大切な治療です。

●食事療法
血糖値をコントロールするためのバランスがとれた「糖尿病食」がすすめられます。
糖尿病食は獣医師が処方します。

生活上の注意
猫ちゃんの糖尿病の治療の中心は、インスリンによる治療だと申し上げましたが、治療中に、ひとつ気をつけていただきたいことがあります。
それは「低血糖」です。
血液中を流れる糖は、インスリンの助けを借りて細胞に取り込まれ、猫ちゃんが元気に活動するためのエネルギーとなります。
低血糖になると、血液中を流れる糖が少なくなってエネルギー不足を起こし、最悪の場合は死に至ることがあります。
ですから、「低血糖」の兆候や、正しい対処法を知っておくことが大切です。

猫ちゃんが低血糖になったときには「動かない」「食欲がない」といった症状がみられます。
もし、こういった症状が現れたら「下がってしまった血糖値をすぐに上げる」対処が必要です。
猫ちゃんが喜んで食べてくれるペースト状のおやつなどを与えて、すみやかに血糖値を上げるための対処をしてください。
これは対処法の一例ですので、低血糖時の対処法については、愛猫のことをいつも診てくれているかかりつけの獣医師とよく話し合い、確認しておくと良いでしょう。

餌を食べる猫

難波信一先生

難波信一先生
プロフィール

難波信一先生
マーブル動物医療センター
住所:〒252-0815 神奈川県藤沢市石川4-1-6
TEL:0466-86-2080
HP:http://www.mvcj.com/

詳しく見る
獣医師一覧
この獣医師の記事一覧を見る
  • この記事をシェアする